性が違えば悩みも違う

人の悩みはなかなか自分が経験しないと分からないものですが、これは女性と男性間でも同じことがいえます。女性は女性特有の悩みがあり、それを抱え込んでしまうことが多いのです。

身体に関する男性と女性それぞれ特有の悩み

男性

身長が低いなどのプロポーションに関する悩みもありますが、髪に関する問題は万人共通といえます。また、包茎も大きな悩みに発展することがあり、泌尿器科でも相談が多いです。

女性

美容の中でも肌やムダ毛に関することが多く取り沙汰されます。性器に関することといえば、すそわきがなどの悩みも抱え込みがちです。婦人科では膣のゆるみに関する相談も多いです。

自分ではなかなか気づけないコンプレックス

膣のゆるみや毛に関することは、自分でも気になる部分ですが、臭いは人に指摘されたことがきっかけで悩むようになったという人もいます。改善の方法を知れば、やみくもに試さなくても済むようになるでしょう。

デリケートゾーンの臭いをケアする方法

下半身

臭いの原因を拭きとる

デリケートゾーンの臭いはおりものや経血が原因なので、定期的にふき取ると臭いを出さないようにできます。ふき取りシートも開発されているので、トイレでさっと拭きとれます。

直接スティックを挿入

膣の分泌液が臭いの原因なのですから、それを直接出さないようにケアするという方法もあります。おりものも減少しますが、衛生面でのケアは重要です。

膣内を洗浄する

根本から解決したい人に合っている方法です。ふき取るよりもスッキリしますし、効果が持続します。しかし、毎日使うのはかえってやりすぎなので注意です。

陰毛を除去する

臭いが蓄積する原因には陰毛もあります。除去すれば経血やおりものなどもふき取りしやすくなりますが、カミソリで剃ると炎症が起こることもあるので気を付けましょう。

デリケートゾーン用ソープを使う

普通のボディソープとデリケートゾーンに使う石鹸は違うものを使ったほうがケアしやすくなります。炎症を起こさない、薄い皮膚の洗浄に合った石鹸が作られているのです。

デリケートゾーンには悩みがつきもの【臭いも緩みも解消しよう】

お尻

手術を希望する人は増えている

デリケートゾーンの悩みは臭いだけではありません。性生活にも大きな影響を与えるのが膣のゆるみです。膣引き締めの手術に興味があるという方も多いかと思いますが、膣のゆるみは婦人科形成外科で手術によって解消できます。最近、東京でも膣縮小術の知名度が上がっているので、実際に手術を受ける人も増えてきています。膣を縮小する方法は、切開して縫合する方法がメジャーですが、今はレーザーによってタイトニングをする方法もあります。筋層を引き締められて、しかも陰部の粘膜を傷つけないので、安心して手術が受けられます。

[PR]
布ナプキンの口コミを大公開☆
デリケートゾーンの悩みを解消しよう

[PR]
女性のミカタの効果を徹底解説☆
生理痛の改善に最適☆

[PR]
Oライン脱毛の情報を大公開☆
自分磨きをしたいなら要チェック!

[PR]

バストアップ美学

黒ずみをケアしたいと思っているなら自分の肌に適している物にしよう!乳首にクリームで白くしたいならこちら!